「外皮計算」タグアーカイブ

H25年省エネ基準の外皮の性能についての話題です。

平成28年度のZEH

平成28年度の住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)が今月4月より開始します。基本的な流れなどは昨年度と同様ですが、今年度は「省エネ法」から「建築物省エネ法」への基準移行期間ということもあり、どちらの基準を適用させるかきちんと整理しないと混乱してしまいそうです。
つづき

建築物省エネ法

平成27年7月に「建築物の省エネルギー性能の向上に関する法律」(通称:建築物省エネ法)が制定されました。この法律により「エネルギー使用の合理化等に関する法律」(現行の省エネ法)に代わり今後の建築物の省エネ性能の基準や規制がされることになります。「建築物省エネ法」は規制措置と誘導措置の2つに分けることができます。規制措置は平成29年4月1日、誘導措置は平成28年4月1日より施工予定となっています。
つづき

非住宅建築物の省エネ計算

住宅の省エネルギー性能の判定は、外皮の計算と一次エネルギー消費量の計算で行います。一方、事務所やビル、工場、ホテル、病院などの住宅以外の建築物(非住宅建築物)の省エネルギー性能の判定は、住宅とは異なる基準と計算方法により行います。住宅は、大半が木造で規模も30~40坪程度と大きく変わりませんが、非住宅建築物の構造は、鉄骨増・鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造他と構造が複数あり、規模も300㎡(約100坪)の建物もあれば10,000㎡(約3,000坪)という大型の建築物もあります。今回はこの非住宅建築物の省エネルギー性能の計算について記事にします。 つづき

外皮計算のできるソフト

H25年省エネ基準の達成を確認するには「外皮計算」をして各基準値をクリアしなければなりません。「外皮計算」の一つ一つの計算はそれ程難しいものではありませんが、複数の計算ルートや色々な係数があったりして複雑な面もあります。一般的には、エクセルなどの表計算ソフトで自作するか、専用ソフトやCADと連動して自動計算したりするソフトが使われています。私は自分で計算して申請するだけでなく性能評価業務で申請書類の審査もしていることもあり、色々な計算書をみています。今回はそうしたソフトについての記事です。
続き

省エネ住宅の落とし穴

省エネ住宅の定義はありませんが、無難なところとして「断熱性能等級4」とすると「省エネ住宅ポイント」を貰えるくらいといえます。判断基準を外皮計算にしろ、部位の熱抵抗値にしろ、仕様基準にある組合せにしろ、性能差はほとんどありません。あくまでも「基準」という絶対評価をクリアしただけとなります。 続き

平成26年度補正予算のZEH

平成26年度の補正予算でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)の補助金事業を行っています。ZEHとは、住宅の年間の一時エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロ以下に設計された住宅のことをいいます(簡単に言うと、住宅で消費するエネルギー量を極力抑え、太陽光発電などで発電したエネルギー量と相殺したときにゼロ以下にすること)。2030年までに新築住宅の平均でZEHを目指すことを目的に130万円を補助している事業です。 続き

窓の取得日射補正係数算定方法による比較

H25省エネ基準の外皮の計算で、冷房期の平均日射熱取得率(ηA)を求める際に窓については、係数を用いて各方位毎に数値の補正をします。この窓の取得日射補正係数は算出方法がいくつかあり、計算工程や安全率などが異なります。同一の条件の場合、これらの計算方法でどのような結果になるか比較検証してみます。

続き

熱橋面積比率の検討

H25年省エネ基準で定められている評価方法基準(建築主の判断基準)である「外皮の計算」をする際に、部位毎の熱貫流率を求めていきます。この時に「熱橋」について考慮しなければなりません。熱橋とは、断熱材の入らない柱や間柱、梁、桁、垂木、根太などが該当します(木造住宅の場合、S造やRC造では鉄骨やコンクリートが該当)。H25年基準ではこの熱橋を3つの計算方法で検討します。 続き