一次エネルギー消費量の計算を考察

平成26年4月より改正された省エネルギー基準で建物の外皮性能とは別に計算することになった一次ネルギー消費量。建築研究所が提供するWEBプログラムを利用して計算するので、計算ルールが分かれば割と簡単に計算できます。q(外皮の熱損失量)とmC・mH(冷暖房期の日射熱取得量)それぞれの値が計算結果にどう影響してくるのか。また、主たる居室・その他の居室・非居室の増減はどう影響するのか。このあたりを実数値をもとに考察してみました。
続きを読む

床の断熱設計

床、断熱、熱的境界層

木造住宅の床の断熱設計には2通りの設計方法があります。1つ目は、床板の下に断熱材を施工する「床断熱工法」。2つ目は、基礎の立上り部分の屋外側又は屋内側(両方の場合もあります)に断熱材を施工する「基礎断熱工法」。どちらも一長一短があり、優劣はありません。H25年省エネ基準を元にこれらの床断熱を解説します。
続きを読む

Y町のリフォーム現場(4)

Y町リフォーム、H25年省エネ基準計算結果、アフター

前回はリフォーム前の外皮性能と一次エネルギー消費量を計算しましたので、今回はリフォーム後の外皮性能と一次エネルギー消費量を計算します。前回と同様に評価方法基準は、H11年省エネルギー基準ではなく、新しくなったH25年省エネルギー基準で計算します。 続きを読む

Y町のリフォーム現場(3)

H25年省エネ基準、一次エネルギー消費量、webプログラムの計算結果

今回と次回の2回で、前回予告していたリフォーム前とリフォーム後の省エネルギー性能を比較したいと思います。評価方法基準は、H11年省エネルギー基準ではなく、新しくなったH25年省エネルギー基準で計算します。今回はリフォーム前の性能を計算しました。 続きを読む