3月の読み物

世界の家/ベルンハルト M シュミッド

世界中の家の外観写真がカラーでたくさん載っています。その数なんと200近くです。日本の家もごく僅かですがありました。特に解説はなく、というか文字そのものがない。どこの国の何て建築家の作品?さえ載っていません。巻末に建築地と世界遺産に登録されているか否かだけ記載がある程度です。そういう意味では不親切な本でしたが、眺めているうちに「この風景はフランスっぽいな」とか「このラインと重厚感はドイツだろうなぁ」と分かるようになるのが不思議。内観写真もあればもっと良かったなと思う一冊です。

橋の構造と建設が分かる本/藤野陽三

東京ベイブリッジの建設工程の解説から始まり、橋梁を構造的な分類をしたりと色々な角度から「橋」を解説している本です。全ページカラー写真を使用しているので、非常に分かりやすい。普段意識せずに通り過ぎている「橋」をあらためて見直すいいきっかけになりそうです。分断されている道を繋ぐ「橋」という存在。川や海、谷などに架けることで新しい「道」ができるというのはよく考えるとすごいことなんだな、と思いました。

新世界の家/ベルンハルト M シュミッド

世界の家の続編です。思いの他前作を気に入ったのでこちらも読んで見ました。前作同様のB6くらいのサイズもかわいらしくていいです。基本的に世界中の家の写真がまたまた200P近く載っています。今度は写真の脇に小さく所在地が記載されているので、いちいち巻末を行ったりきたりせずにすみました。前作でも感じたことですが、その国々でよく特徴が出ていますね。ラフな感じだったり、淡い色使い、濃い色使い、ラインをピシッと通したり、崩したり。建築家の作品を見るのも楽しいですけど、「暮らし」の息遣いが感じられるこの本もすごく面白い。フォルムやカラーのデザイン集みたいな使い方もできそうな一冊でした。

既存住宅現況検査技術者

瑕疵担保保険、パンフレット、まもり住まい保険、JIO、ハウスジーメン、ハウスプラス、住宅あんしん保証

一月ほど前になりますが、既存住宅現況技術者講習を受講してきました。既存住宅現況技術者とは、国交省が策定した「既存住宅インスペクション・ガイドライン」に基づいて住宅の検査を適正に行う者となります。ガイドラインは平成25年6月に発表され、講習会は同年11月頃から始まっています。全国で申し込みが殺到しているようで私も追加の講習枠で何とか受講できました。修了証が届いたのがつい最近でしたので自身の復習も兼ねて記事にします。 続きを読む

自分でIHヒーターの交換しました

IHヒーター取外し、持ち上げ状況

我が家は築10年位になるのですが、最近次々と電化製品の寿命がきています。洗濯機、冷蔵庫、炊飯器、掃除機、シャワートイレ、そしてIHクッキングヒーター・・・。普通の家電製品は買い換えるだけですが、キッチンにビルトインしているIHヒーターはそうもいきません。業者に頼むとそこそこの費用は覚悟しなければならないので、自分で取外し・取付けまでやってみました。 続きを読む

FRPグリッド基礎補強工法

FRPグリッド基礎補強工法、講習会、資料

先日「FRPグリッド基礎補強工法」というコンクリート基礎の補強工法の講習会に行ってきました。この工法は耐震改修センター(財)日本建築防災協会の技術評価を取得している工法です。このような技術評価を取得していると、耐震改修工事などで国や自治体から一定の評価を受けるので補助を受けやすくなります。工法自体の特徴は以下の点です。 続きを読む

Y町のリフォーム現場(4)

Y町リフォーム、H25年省エネ基準計算結果、アフター

前回はリフォーム前の外皮性能と一次エネルギー消費量を計算しましたので、今回はリフォーム後の外皮性能と一次エネルギー消費量を計算します。前回と同様に評価方法基準は、H11年省エネルギー基準ではなく、新しくなったH25年省エネルギー基準で計算します。 続きを読む