6月の鑑賞物

日本の家-空間・記憶・言葉/中川武著

三和土、縁側、土庇、畳、蔀戸などなど、日本家屋の要素を一つ一つテーマとした本です。どの様にしてその「空間」や「物」が生まれ変化していったのか、建物の中でどんな意味を持つのかをゆっくりと丁寧に書かれています。残念ながら現代の住宅からはほとんど失われてしまっています。戦後70年で作り替えられた今の建物の概念にはない、古来より受け継がれてきた「日本の家」を改めて感じられる良書でした。

the walking dead season 5

一番はまっている海外ドラマはやはりこれです。もう、ぶっちぎりでおもしろいですねこのシリーズは。シーズンをまたいでの伏線も割りとあるので「あ、この人は!!」的な展開も好きです。もう慣れっこにはなったけど、新しい仲間が増える=誰かが・・・となるのはやはり悲しいですね。このシーズンが放映された時点で次シーズンも製作始まっていただけあって、ラストはモヤッとさが残ったまま終わってます。早く続きが観たい~。

省エネ住宅の落とし穴

省エネ住宅の定義はありませんが、無難なところとして「断熱性能等級4」とすると「省エネ住宅ポイント」を貰えるくらいといえます。判断基準を外皮計算にしろ、部位の熱抵抗値にしろ、仕様基準にある組合せにしろ、性能差はほとんどありません。あくまでも「基準」という絶対評価をクリアしただけとなります。 続き

5月の鑑賞物


男と女の家/宮脇檀
建築家 宮脇檀さんが住宅を「男と女」という視点から語っている1冊。現在の日本の住宅スタイルは戦後70年程で創りあげられたものです。その主体は国の政策に他ならない、そして「男」が家づくりから逃げ「女」が作ってきたと語られています。外国とは異なる住宅の存在、つくり方。とても興味深い話がたくさんでてきます。設計者としては直接的な話は避けることの多い、「排泄」や「性」という部分についてもしっかり語られている。この本を読んで一設計者の端くれとして、ハッと気付かされることが多かったです。

24 -TWENTY FOUR-/FOX
先月に引き続き海外ドラマにはまってます。24シリーズは昔から好きで見ていてかなりはまってました。シーズン8でファイナルと冠が付いているにも関わらず、続編が出てもおかしくない終わり方。案の定、続編でるみたいですね。主人公のジャック・バウアー以外入れ替わりが激しいのもこのシリーズの特徴ですね。テロリストと戦うジャックは、もう国家を相手にしても負けないんじゃないかと思うくらい強すぎます。新シリーズでまた楽しませてくれそうです。

平成26年度補正予算のZEH

平成26年度の補正予算でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)の補助金事業を行っています。ZEHとは、住宅の年間の一時エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロ以下に設計された住宅のことをいいます(簡単に言うと、住宅で消費するエネルギー量を極力抑え、太陽光発電などで発電したエネルギー量と相殺したときにゼロ以下にすること)。2030年までに新築住宅の平均でZEHを目指すことを目的に130万円を補助している事業です。 続き

4月の鑑賞物


魚のいない海/フィリップ・キュリー
普段から私たちの食卓に上がる「魚」。スーパーに行けば、たくさんの「魚」があり、寿司屋・レストランなどの飲食店でもたくさんの「魚」を食べることができます。そのほとんどが養殖と輸入品であることをどれくらいの人が意識しているでしょうか。この本には漁業資源としての「魚」について過去から現在に至るまでとても詳しく書かれています。大型の捕食魚であるサメや鯨、マグロがどうして絶滅に瀕しているのか。捕食魚のエサとなる浮魚は何故海を埋め尽くさんばかりの群れをなすのか。漁業技術は進歩しているにも関わらず、漁獲量が減り続ける理由とは何か。国内外の外交問題、先進国と途上国それぞれの事情、地球温暖化による影響、海洋の食物連鎖のバランスの絶妙さ。とてもたくさんのことを伝えている一冊でした。

The Walking Dead/AMC
アメリカの人気TVドラマシリーズの「ウォーキングデッド」。久しぶりにこの手の海外ドラマにはまってしまいました。「バイオハザード」や「アイアムヒーロー」のようなゾンビものです。お決まりで噛まれると感染してゾンビになっちゃう系です、はい。ただこのドラマの一味違うところは、ゾンビが話の中心ではなく、ゾンビによるパニック状態はあくまでも物語の背景であって、人間同士の関係性が話の中心となっているところです。ゾンビ発祥の謎などはあまり触れられず、様々な人々の「生きていく」(Walking Live)ということが描かれています。シリーズはまだ完結していないので今後の展開も楽しみです。

3月の読書


化学~大人のためのやり直し講座~/ジョエル・レヴィー
文系人間の私には目から鱗な話が満載でした。副書名に「錬金術から周期律の発見まで」とあるように、化学の起源といわれる「火」にまつわる逸話から最終的には周期表や有機化学についてまで分かりやすく書かれています。錬金術から化学へと発展していったなんてことは初耳でした。逸話、化学の話、問題という構成でできており、読み飽きない工夫も良かったです。~大人のためのやり直し講座~は理系分野で他にもあるので読んでみようかな♪


農業維新~「アパート型農場」で変わる企業の農業参入と地域活性~/嶋崎秀樹
農業生産法人トップリバーの設立者の作者が「儲かる農業」について書かれた本。周知のことですが、日本の食料自給率は年々下がっていて、大きな理由として「儲からない」ということでしょう。そのため跡継ぎもせず、新たに農業をやろうとする若者も増えない。もともと農業素人だった作者がビジネスとして農業に携わり改革していった結果、年商10億円の企業として成長していった過程を惜しみなく伝えています。農業から地方を活性化し、日本を変えていく、そんな志を語っている熱い一冊です。

窓の取得日射補正係数算定方法による比較

H25省エネ基準の外皮の計算で、冷房期の平均日射熱取得率(ηA)を求める際に窓については、係数を用いて各方位毎に数値の補正をします。この窓の取得日射補正係数は算出方法がいくつかあり、計算工程や安全率などが異なります。同一の条件の場合、これらの計算方法でどのような結果になるか比較検証してみます。

続き

2月の読み物


日本の伝統色~配色とかさねの事典~/長崎巌監修
赤、青、黄色と私たちが知っている色はたくさんあります。代表的な色を用いて「赤い~」とか「澄んだ青」・・・などと色を装飾語としています。でも、こうした代表的な色だけではなく、日本には伝統的な色の名前があることをご存知でしょうか。古くは平安時代より、花や緑、鳥の羽模様、四季の折々の移り変わりなど自然のなかで美しいと感じる「色」を試行錯誤しながら染物の中に再現してきました。現代ではRGBやマンセル値で色を表すことが多くなりましたが、その名前から頭の中でイメージを膨らませられる色の名前はどれも素敵な響きがありました。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら/岩崎 夏海
言わずと知れた「もしドラ」です。当時話題になっていたので何となく内容は知っていましたが、当時は「経営」とか「マネジメント」なんて事をこれっぽちも意識していなかったので読みませんでした。月1回熊谷市の商工会で開かれている「熊勉会」の宿題でドラッカー関連の本を読むように言われたので読んだ一冊です。・・・マネジメントについての考え方に「なるほど~」と関心しただけでなく、小説の中身にも感動してしまいました。今読んだからこの本の「ドラッカーの入門書」と「小説」の部分両方を楽しめたんだなぁと思います。話題のときに読んでも「小説」の部分しか残らなかった気がします。

熱橋面積比率の検討

H25年省エネ基準で定められている評価方法基準(建築主の判断基準)である「外皮の計算」をする際に、部位毎の熱貫流率を求めていきます。この時に「熱橋」について考慮しなければなりません。熱橋とは、断熱材の入らない柱や間柱、梁、桁、垂木、根太などが該当します(木造住宅の場合、S造やRC造では鉄骨やコンクリートが該当)。H25年基準ではこの熱橋を3つの計算方法で検討します。 続き

住まいの「暑い」「寒い」を「涼しい」「暖かい」に変えます!