三余塾(省エネ講習会)

埼玉県建築士会-大里支部の事業活動に三余塾というものがあります。この三余塾は支部会員のための研鑽をする私塾、お勉強会です。

三余とは,魏の薫遇が詠んだ「読書当以三余,冬者才之余,夜者日之余,雨者時之余」によるもので、農業のできない冬の間や,夜間または雨降りを利用して,学問することだという意味だそうです。獄中の吉田松陰もこの三余の考えから「三余説」を著したとされています。

大里支部ではこれまでにも色々な内容の三余塾を開催していますが、今回は省エネ講習会を行うこととなり、講師料の節約のため私が講師を務めました(笑)。講師業を専門にしているわけではないのですが、国交省の省エネ講習で講師をしている経緯などもありご指名頂いたかたちです。

実際の講習会の内容は

  1. 省エネ法関連の施策やZEHについて/福井コンピューターさん
  2. フリーソフトで行う外皮計算/私

というものでした。

スライドショーには JavaScript が必要です。

講習時間が平日の18:30~21:00でしたので中々にタイトなスケジュールで、参加された皆さんも仕事を終えた後ということも有り、解説中心の講習ではなく手を動かす演習系の講習にしました。福井のKさんも短い時間でかなりのボリュームの内容を分かり易く説明していただいて、大変勉強になりました。

会場は、大里支部の理事会でいつもお世話になっているくまぴあのコンピュータールームで、フリーソフト(エクセル)を使ってもらいながらの内容としました。入力補助的に自作のエクセルツールも利用してもらい、この補助ツールは参加者に後ほどプレゼントしました。

講習会のアンケート内容では概ね好評?だったようで、継続説もあるようですが、どうなることやら・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA