Y町のリフォーム現場(1)

Y町で一般住宅のリフォーム現場の管理を行っています。「監理」ではなく「管理」です。読み方は同じ「かんり」ですが、意味は違ってきます。

「監理」は設計図書通りに施工が行われているかを確認します。クライアントと施工者の間にたち、建築に詳しくないクライアントの代理者として施工者と打合せや協議をします。建築士法により監理が行えるのは建築士と決められています。一級、二級、木造建築士それぞれで監理のできる建物の規模や用途も制限があります。

「管理」は施工全般の安全・予算・品質・工期について調整と確認をおこないます。いわゆる現場監督です。工事の種類や規模などにより建設業法に決まりがあります。建築士や施工管理技士が管理を行います。

今回の現場は「管理」の仕事です。職人さんと打合せをしたり、材料の手配や工程調整をします。この現場は、築30年以上の住宅のリフォームです。1階が鉄骨造、2階が木造です。ガレージだった1階の半分を玄関と洋室に変更して、2階は水廻りを含め全面的に改装します。

現在は、解体工事が終わり、大工さんの工事が始まっています。1階の基礎工事も終了しました。電気屋さん、水道屋さんもそろそろの感じです。リフォームの場合、新築より予定が組みにくく時には色々な職種の方でごった返すこともあります。なるべくそうならないよう、各職人さんたちが仕事をスムーズにできるように工程を組んだり、材料の手配を行ったりします。この辺りが管理者としての腕の見せ所になりますね。・・・まぁ、まだまだだな~と毎日反省の日々ですが。(汗)

ここ最近の現場写真です。

・・

・・・

!?写真データが無いっ~~!!

あ~、icloudで同期してPCにデータ入ったからといって、iPhoneのデータ消してはダメなのか!同期フォルダ以外にコピー取らないと、iPhoneで消したら同期先のデータも消えてしまうのか・・・。

次から気をつけようX(

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA