6月の鑑賞物

日本の家-空間・記憶・言葉/中川武著

三和土、縁側、土庇、畳、蔀戸などなど、日本家屋の要素を一つ一つテーマとした本です。どの様にしてその「空間」や「物」が生まれ変化していったのか、建物の中でどんな意味を持つのかをゆっくりと丁寧に書かれています。残念ながら現代の住宅からはほとんど失われてしまっています。戦後70年で作り替えられた今の建物の概念にはない、古来より受け継がれてきた「日本の家」を改めて感じられる良書でした。

the walking dead season 5

一番はまっている海外ドラマはやはりこれです。もう、ぶっちぎりでおもしろいですねこのシリーズは。シーズンをまたいでの伏線も割りとあるので「あ、この人は!!」的な展開も好きです。もう慣れっこにはなったけど、新しい仲間が増える=誰かが・・・となるのはやはり悲しいですね。このシーズンが放映された時点で次シーズンも製作始まっていただけあって、ラストはモヤッとさが残ったまま終わってます。早く続きが観たい~。