1月の読書


夢の棲み家/黒崎敏
タイトルの通り、建築主がまさに「夢見た」ような家々が写真つきで紹介されています。建築家やデザイナーの素晴らしいアイデアと抜きんでたセンスの賜物の住宅ばかりです。仕事柄、モダンな創りやダイナミックな空間、細部までこだわったディテールをよく見かけますが、この本で紹介される家はもっと個性的なものばかり。非住宅である公共建築物などは、デザインした人のアイデンティティがそのまま表れているように思えます。一方住宅の場合は、「建築主」のアイデンティティを「建築家」(デザイナー)が「建築」に変換して、創りあげているのだと思います。そういう意味で、ここに紹介されている数々の住宅は「建築家」の作品というより、まさに「建築主」の”夢の棲み家”となっています。


イラストでわかる建築設備/山田信亮、菊池至、打矢瀅二、中村守保
上水道、下水道、給湯設備、消火設備、空調設備、換気設備、受変電設備と建築設備全般について簡単に分かりやすくまとまっています。専門用語はかなり控えめで、半分くらいの内容は既に知っているものでした。建築設備を全く知らない人でもすぐに読める良本ですし、建築実務者にもお勧めできる一冊ですね。建築設備を専門にしていないなら、この本の内容の理解だけでも十分かも知れません。