12月の読み物


トコトンやさしい発電・送電の本 (今日からモノ知りシリーズ)/福田遵
原発事故や太陽光発電の買取拒否など、電気エネルギーに関する動向は日々変化しています。でも、そもそも電気はどうやって作っているのか、作られた電気はどのようにして家庭やオフィス、工場などに送電されているのか。恥ずかしながら、この辺の知識が全くなかったので内容も易しく読みやすい「トコトンシリーズ」のこの本を読んでみました。
前半は、電気や発電の基本的なことが書かれていてとても解りやすかったのですが、中盤以降は専門用語が多くなりちょっと内容が理解しきれなくなりました・・・。ともあれ、専門的な知識まで吸収しようとは思っていなかったので、発電と送電の大まかな流れは理解できたので良しとしましょう。